杉本裕太郎 野球界のラオウ? 覚醒で優勝へ【オリックスバファローズ2021】

オリックスバファローズ

杉本裕太郎(すぎもと ゆうたろう)選手は、2021年オリックスバファローズ中嶋聡監督のもとで、交流戦優勝・パシフィックリーグ優勝・CS優勝を果たし、日本シリーズに進出です。

シーズン134試合出場、打率,301、本塁打32本、4番打者として覚醒、オリックスバファローズを牽引しました。そこで杉本裕太郎選手の経歴や性格や出身校や年俸、奥さんやご両親が気になったので、調べてみました。

みなさんもご一緒に確認していきましょう。

 

出典:Twitter

 

 

スポンサーリンク

 

 

杉本裕太郎選手のプロフィール

  • 名前: 杉本裕太郎(すぎもと ゆうたろう)
  • 生年月日: 1991年4月5日(30歳)
  • 出身地: 徳島県阿南市
  • 出身校: 青山学院大学 徳島県立徳島商業高等学校 阿南市立阿南中学校 阿南市立見能林小学校
  • 身長: 190 cm
  • 体重: 104 kg
  • 投球・打席: 右投・右打
  • ポジション: 外野手 一塁手
  • 背番号: 99
  • 得意技: 北斗剛掌波
  • 愛称: ラオウ

漫画「北斗の拳」に登場する「ラオウ」のファンで、自身の愛称も「ラオウ」。

登録名にしたいという希望があったようです。

本塁打を打った後は、ベンチ前で「ラオウ」の最期の右拳を突き上げる「昇天ポーズ」を行っていることで人気がある。

 

 

出典:Twitter

 

 

スポンサーリンク

 

 

杉本裕太郎選手の経歴

  • 2006年 阿南市立阿南中学校 徳島県大会優勝(軟式野球部)
  • 2007年 徳島商業高等学校1年夏 甲子園大会に控え投手としてベンチ入り
  • 2010年 青山学院大学入学 外野手に転向
  • 2011年 青山学院大学2年生秋季リーグ戦 ベストナイン受賞
  • 2014年 JR西日本へ入社
  • 2015年 2015年のNPBドラフト会議でオリックス・バファローズから10巡目で指名される

プロ入り後

  • 2016年 右肘骨棘(こっきょく)除去手術を受ける 主にウエスタンリーグに出場
  • 2017年 9月9日一軍で1番中堅手として先発出場プロ初安打(バックスクリーン本塁打) 主にウエスタンリーグに出場
  • 2018年 死球を受け左第5中手骨骨折、接合手術を受ける 主にウエスタンリーグに出場
  • 2019年 18試合出場 打率は.157 主にウエスタンリーグに出場
  • 2020年 主にウエスタンリーグに出場
  • 2021年 134試合出場 打率.301 32本塁打(パリーグ本塁打王) 打点83 交流戦優勝 パシフィックリーグ優勝 CS優勝 日本シリーズ準優勝

小学校から野球を始め、中学時代は軟式、徳島商業高校から青山学院大学、JR西日本では社会人野球を経験しています。24歳でプロ入りし、6年目にブレイクしました。三割30本で本塁打王、リーグ優勝という素晴らしい活躍をしました。

 

 

Image

出典:Twitter

 

 

スポンサーリンク

 

 

杉本裕太郎選手の収入は?

杉本裕太郎選手の年俸(金額は推定)は 以下です。

  • 2016 600万円+契約金2000万円
  • 2017 600万円
  • 2018 700万円
  • 2019 830万円
  • 2020 880万円
  • 2021 1400万円
  • 合計   7010万円

バット・バッティンググローブ・グラブ・スパイクはミズノを使用しておられます。

契約料などは見当たりませんでした。

 

 

出典:Twitter

 

 

スポンサーリンク

 

 

杉本裕太郎選手の性格は?

座右の銘は「北斗の拳」ラオウの「我が生涯に一片の悔いなし」、グラブに刺繍を入れている

オフシーズンはイチロー選手と自主トレーニングを行なっている。ただ「(自分はまだ一軍で活躍していないので)イチローに迷惑が掛かる」として2017年に一軍初安打を記録するまで内緒にしていたそうです。

派手なプレースタイルとは対照的に、本質的には謙虚な性格のようです。浮かれている暇はありません。

 

 

杉本裕太郎選手の奥さんは?

杉本裕太郎選手は2018年の12月30日に同い年の女性と結婚されておられます。

それ以外の情報は見つかりませんでした。

ご夫婦のお子さんについての情報は見つかりませんでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

杉本裕太郎選手のご両親お父さんは?お母さんは?

お父さんは、杉本敏さんです。杉本裕太郎選手が通う小学校のサッカーチームのコーチをされていたようです。小学校一年で野球を始めて、野球にのめり込んでいたのを、あたたかく見守ったようです。

 

 

父親は、息子の杉本裕太郎選手について以下のように語っています。

「裕太郎はぼーっとしているところがあって、素直過ぎるんです。意気込みとか、強い思いみたいなものがあまりない。でもね、高校、大学、社会人と、やっぱりプレッシャーはあったと思うんですよ。そういう厳しい中をくぐり抜けてきた、というところは父親として認めているんです」

引用:週刊ベースボール

 

 

お母さんには、親孝行弾を放っておられます。母の日に打ったホームランのコメントは「お母さんのために打ちました」

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました