堀琴音 2度目の優勝 賞金は? アドミラルが似合う美人【女子プロゴルフ】

女子プロゴルフ

堀琴音(ほり ことね)選手は、2022年3月20日「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」【鹿児島高牧(たかまき)カントリークラブ】で優勝です。

賞金18,000,000.-(1,800万円)を獲得しました。

2021年7月ニッポンハムレディスクラシックで優勝して以来2度目となります。

最後のパットを沈めるまで、この日のプレーを象徴するかのようにとても落ち着いてポーカーフェイスを貫いていました。

そこで気になったので、堀琴音選手について調べてみました。

彼氏&ご両親、出身校や経歴や賞金・収入、ウェアやクラブセッティングなど、みなさんもご一緒に確認していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音選手のファッションは? 車は?

ウェアも「アドミラル」が本当によく似合います。

アドミラルは、ヤマニが展開するブランドです。

ヤマニは、パーリーゲイツやトミーヒルフィガーも扱っていますが、アドミラルは今や世界的に流行している「ブリティッシュ プレッピー(英国良家子女風)」を前面に打ち出しています。

小顔で整った顔立ちの堀琴音選手にはピッタリだと感心しています。

ちなみに高校時代からのファンで、ゴルフ部のユニフォームをアドミラルに変えたそうです。

筋金入りのアドミラルファンですし、流石着こなされています。

お顔立ちは、着物も似合いそうですが、実際よく似合ってらっしゃいます。

 

キャップは、ブリジストンのロゴ入りです。

何の変哲もない普通のキャップですが、堀琴音選手が着用するととてもおしゃれに見えます。

アドミラルのウェアとコーディネートしているようで、ピンク・グリーン・白・紺などを着まわしています。

小顔に少し大きめのキャップが堀琴音選手の魅力を引き立てています。

 

シューズは、フットジョイを愛用されているようです。

履きやすくて、機能的のようですね。

レディスはデザインもいろいろ選べて、おしゃれな堀琴音選手にはフィットします。

フットジョイのシューズを高く評価されています。

 

車は、「ニッポンハムレディーストーナメント」(2021年7月)の副賞のメルセデスベンツA180に乗っていたようですが、「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」(2022年3月20日)の副賞のメルセデスベンツA200Dに乗り換えられたかもしれません。

 

 

出典:YAHOOJAPANニュース

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音選手の収入は?

ツアーでの獲得賞金は以下です。

  • 2014年 ¥3,897,000.-(389万円 96位) + ¥4,599,000.-(459万円 5位 ステップアップツアー)
  • 2015年 ¥29,305,142.-(2,930万円 33位) + ¥255,000.-(25万円 130位 ステップアップツアー)
  • 2016年 ¥70,526,006.-(7,052万円 11位)
  • 2017年 ¥49,272,785.-(4,927万円 21位)
  • 2018年 ¥3,053,000.-(305万円114位)
  • 2019年 ¥426,000.-(42万円150位) + ¥2,857,000.-(285万円 44位 ステップアップツアー)
  • 2020年 ¥0.-(6,288万円) + ¥1,184,500.-(118万円  ステップアップツアー)
  • 2021年 ¥67,491,990.-(6,749万円) + ¥252,000.-(25万円  ステップアップツアー)
  • 2022年 ¥25,220,000.-(2,522万円 2位 3月20日まで)
  • 合計  ¥249,191,923.-(2億4,919万円) + ¥9,147,500.-(914万円 ステップアップツアー)

 

 

2020-21シーズン獲得賞金は、¥67,491,990.-(6,749万円 27位)シード権獲得しました。

20172022年ツアーで生涯獲得賞金は、¥249,191,923.-(2億4,919万円 109位 2022年3月20日まで)賞金を獲得したことになります。

ステップアップツアーでの獲得賞金は、意外と多くて¥9,147,500.-(914万円)ですので、合計すると¥258,339,423.-(2億5,833万円)となります。

 

 

所属は、ダイセルで大阪市のセルロイドなどの化学品メーカー大手です。

毎年1,000万円程度の諸経費は心配ですが、大丈夫ですのでゴルフに専念できます。

契約金は、昨年ツアー優勝していますので、1,000万円以上と思われます。

 

その他スポンサー以下と契約されています。

 

 

 

一社100〜300万円と推測されます。

 

クラブ・ボールはブリヂストン

 

ウェアはアドミラル

 

シューズはフットジョイと契約されています。

 

副賞として、2022年3月20日「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」では、メルセデスベンツ日本から車1台A200Dを、贈られています。

2021年7月の「ニッポンハムレディーストーナメント」でも副賞でメルセデスベンツA180を受け取っています。

乗り換えにはまだちょっと早いかもしれませんね。

私なら足してもうワンランク上の車に乗りかえるのも良いかなぁなどと想像してしまいます。

 

勝手な推測で余計なお世話だとは思いますが、2021年の年収は、1億円に近かったのではないかと思います。

 

2022年は、調子が良ければ優勝狙える状態です。

今年は、大きな大会でも活躍が期待できそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音選手の彼氏は?

堀琴音選手の彼氏に関する情報は見つかりませんでした。

美人ですので、放っとかれるはずはありません。

堀琴音選手がOK!を出せばいつでも見つかるはずです。

今はゴルフに専念されているのでしょう。

出会いがあるとするなら、コーチやトレーナーやキャディさん、男子プロゴルファーでしょうか、、、

堀琴音選手は、スランプや精神的な試練を乗り越えて、今はゴルフが楽しいと思います。

もう少しゴルフに専念させてあげたいです。

そのようなことができるように堀琴音選手を精神的に包み込めるような方がいたらなぁと勝手に想像しております。

 

 

出典:Twitter

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音選手のご両親 お父さんは? お母さんは?

堀琴音選手がゴルフを始めたのは、7歳の時にお父さんにすすめられたのがきっかけのようです。

お名前は、堀恭士(たかし)さんで、職業は会社員だそうです。

勤め先はわかりませんでした。

お母さんは、堀貴久恵さんと仰います。

二人の娘を両方ともプロゴルファーに育て上げたのですから、大変だったと思います。

そのお姉さんは、堀奈津佳さんです。

堀奈津佳さんも2013年にツアー優勝を2回経験して、賞金ランキング10位となっています。

その後は調子が上がりませんが、挑戦し続けています。

その姿は、堀琴音選手に大きな影響を与えて、力になっていたと思います。

お二人で、優勝を争うような、ワンツーフィニッシュなど見てみたいものです。

とにかくお二人は美人ですから、テレビ映りも良いし、視聴率アップするでしょうしね、、、

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音選手の身長は?

最近活躍している若手選手は150cm代の小柄な選手も多いですので、比べると身長165cmは大きい方ですね。

古江彩佳選手は、153cmと小柄な方です。

昨シーズン賞金女王の稲見萌寧選手は、166cmですので堀琴音選手少し低い程度ですね。

原英梨花選手は、173cmですので、もう一つ高く抜きん出ていることになります。

堀琴音選手は、バランスのとれたスタイルの良さが目立ちます。

女性らしさが感じられ、アドミラルのウェアがよく似合います。

 

 

【ゴルフ】 堀 琴音 スイング

出典:YouTube

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音選手のプロフィール

  • 名前: 堀琴音(ほり ことね)
  • 出身: 徳島県徳島市
  • 生年月日: 19963326歳)
  • 身長: 163 cm
  • 体重: 56 kg
  • 血液型:  A
  • 出身校 :  滝川第二高等学校(兵庫県) 徳島市立城西中学校 徳島市千松小学校
  • プロ転向: 2014年8月1日=JLPGA86期生
  • 師弟関係: 森 守洋 中島敏雅
  • 所属: ダイセル
  • 趣味: 音楽鑑賞 スポーツ観戦
  • 好きな食べ物: パスタ チョコレート
  • 目標: ステイシー ルイス(米国の現役女子プロゴルファー 海外メジャー2勝 日本ツアー1勝)
  • 契約: クラブ→キャロウェイ・ブリヂストン、パター→テーラーメイド、ボール→ブリヂストン、ウェア→アドミラル、シューズ→フットジョイ
  • 公式ページ: kotone-hori.com

 

 

 

堀琴音選手の高校時代は、親元を離れて寮生活をしているのかなと思いました。

ところが滝川第二高校には男子寮がありますが、女子寮はありません。

ゴルフ部の角谷監督が下宿を紹介しているそうです。

近くの農家で預かってもらっていたようで、野菜もたくさん食べられて、食事や生活の心配はなかったようです。

昨シーズン6勝で獲得賞金ランク2位の古江彩佳選手も、滝川第二高校出身ですが、もともと兵庫県神戸市出身ですので、下宿ではなさそうです。

ちなみに古江彩佳選手は、2000年生まれですので後輩です。

堀琴音選手は、1996年生まれですので、高校時代に重なって過ごされた時期はないようです。

 

 

堀琴音選手(左)と古江彩佳選手(右)

出典:サンスポ

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音のクラブセッティングは?

今シーズン初で2度目の優勝を果たした「鹿児島高牧(たかまき)カントリークラブ」、勝負所の16番ロングオールで、PWでスリーオン、2メートルのパットを沈めバーディーを奪っています。

最終18番も同組の上田桃子選手が勝負をかけて攻めた結果、池に入れるなどしました。

しかし落ち着きを失うことなく、ツーオンツーパットで逃げ切り優勝を果たしました。

飛距離の出る新作のギアへの信頼もあってか、本当に落ち着いていました。

 

 

【堀琴音の優勝ギア】
1W:キャロウェイ ROGUE ST◆◆◆(10.5°/Tour AD HD-5S 45.75インチ)
3W:キャロウェイ ROGUE ST◆◆◆(15°/Tour AD HD-5S)
5W:ブリヂストン TOUR B X-F(18°/Tour AD HD-5S)
7W:テーラーメイド ステルス(21°/Tour AD HD-5S)
4,5U:ブリヂストン X-DRIVE GR(23,25°/MCH 60S)
6I〜PW:ブリヂストン TOUR B X-CB
A,SW:ジューシー tT(51,58度)
PT:テーラーメイド TRUSS TB2トラスセンター
BALL:ブリヂストン TOUR B X
<ゴルフ情報ALBA.Net>

引用:golfpartner

 

 

スポンサーリンク

 

 

堀琴音選手の経歴は?

アマチュア時代

  • 2010年   四国ジュニアゴルフ選手権 女子1214歳の部 優勝
  • 2011年   関西ジュニアゴルフ選手権 優勝
  • 2011年   第66回国民体育大会 優勝
  • 2013年 ネイバーズトロフィーチーム選手権女子 個人5位タイ 団体優勝
  • 2013年   日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子15歳~17歳の部 優勝
  • 2014年 7月JLPGAステップ・アップ・ツアー「ABCレディース」 優勝

 

プロ入り後

  • 2021年 ニッポンハムレディスクラシック桂ゴルフ倶楽部(北海道)  優勝
  • 2022年 Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント(鹿児島) 優勝

 

アマチュア時代には、全国的な大会での優勝は、個人では2011年の「第66回国民体育大会」と2013年の「日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子15歳~17歳の部」です。

その他では、上位には入るものの勝ちきれませんでした。

 

プロ入り後は、2016年にやっと上位に入ることができるようになりました。

日本女子オープンゴルフ選手権で2位に入りました。

2016年は、その2位1回、3位3回、2017年は2位1回、3位1回に終わりました。

2017年は予選落ち11回、2018年は34試合出場中予選落ち27回、棄権3回、2019年は10試合出場中予選落ち9回、2020年は3試合出場で予選落ち3回という結果に苦しみました。

しかしその間もコーチの助言を取り入れて、しっかりと練習は続けていました。

プライドを捨てて、ステップアップツアーにも出場するなど、持ち前の負けん気を発揮して必死にゴルフに取り組んでいました。

そしてもう一つ改善しなければならないことがありました。

結果が思いどおりにならないときに、ついつい顔や態度に出てしまいます。

ゴルフはメンタルな競技と言われますが、メンタル面の改善は堀琴音選手にも求められていました。

 

努力の甲斐あって、2021年覚醒、7月のニッポンハムレディスクラシックでプレーオフを制して逆転で念願の初優勝です。

プロ入り後、7年優勝できませんでしたが、やっとのことで成就です。

どれ程嬉しかったことか、本当におめでとうございます。

技術面が安定し、正確なショットが打てるようになり、メンタル面のコントロールができるようになりました。

2022年は、シード権を獲得し誕生日(3月3日)からの緒戦「第35回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」開始で、13位タイです。

2戦目の「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」では、首位と1打差2位タイと躍進します。

3戦目「Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」にも好調を維持して、優勝となりました。

この優勝は、最終日首位からスタートしての逃げ切っての優勝です。

全体的には我慢のゴルフ、そして勝負所で強気の攻めができたことが勝因です。

コースマネジメント、技術の正確さ、メンタルコントロールが素晴らしかったと思います。

 

 

出典:JLPGA

 

 

※【次へ】ボタンで、まとめ・堀琴音 第3日終了後インタビュー/メジャー 全英AIG女子オープン【WOWOW】(動画)・おすすめ記事ほかのページへ進みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました