ホンダコレクションホール行き方?本田宗一郎リスペクト【YOUは何しに日本へ】

Youは何しに日本へ

「YOUは何しに日本へ?」に本田技研工業の創始者の本田宗一郎氏をリスペクトするYOUたちが登場します。

ホンダの車が大好きで、ホンダに入社してデザイナーになるのが夢というYOUたちです。

そんなYOUたちが、行きそうなところはどこなのか、、、気になったので、調べてみました。

みなさんもご一緒に確認していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本田宗一郎とは?

本田宗一郎氏とは、本田技研工業の創始者です。

1906年(明治39年)11月17日生まれで、1991年(平成3年)8月5日、84歳で逝去されています。

現在の本田技研工業の前身の本田技術研究所を設立したのが、1946年ですので40歳の時です。

それから数十年で知らない人のいない、世界的な企業にしてしまったのですから凄いですね。

多くの人たちがその素晴らしさについて、書いたり語ったりしていますので、私が今更書いても仕方ないかもしれませんが、昭和期の本物の偉人ですね。

 

本田技研工業は、バイク、車(軽自動車から高級車まで)、飛行機とライフクリエーション製品(耕耘機・芝刈機・除雪機・発電機・船外機)製造しています。

私も今は乗っていませんが、バイクには学生時代にお世話になりました。

とても楽しく快適に通学をしたことを覚えています。

バイクには大きな魅力がありますので、今でもまた機会があれば乗ってみたいですね。

 

海外でもホンダはレースなどで活躍したことなどから、その素晴らしさは受け入れられています。

今回日本にやってきたYOUたちも、本田宗一郎氏をリスペクトしているようです。

ホンダに入社して、ホンダのデザイナーになりたいというのですから、、、

どんな姿を見せてくれるのか、本当に楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

 

ホンダコレクションホール とは?

本田宗一郎氏をリスペクトするYOUたちは、「ホンダコレクションホール」へ向かうようです。

ホンダコレクションホール」は簡単にいうとホンダ博物館ですね。

ホンダの歴代のバイクや車が、しっかりと揃っています。

ちゃんと走る状態で保管されているということです。

栃木県のツインリンク茂木(もてぎ)内にあります。

ツインリンク茂木は行ったことがある方も多いと思います。

私はまだ行ったことがありませんが、車好きには本当に楽しそうなところです。

 

遠くから向かわれる方には宿泊施設があります。

ホテルもありますが、グランピングやログキャビンやキャンプ場が用意されています。

今私が注目しているのは、グランピングです。

まだ利用したことはないのですが、家族で宿泊したら楽しそうじゃないですか、、、

子供達にもいい思い出になるような気がしますし、自分が楽しめそうです。

 

 

  • ホンダコレクションホール」について詳しくはこちら(HONDA)

 

 

出典:ホンダコレクションホール

 

 

スポンサーリンク

 

 

ホンダコレクションホールへの行き方は?

ホンダコレクションホール」の住所、は以下です。

 

車で向かうのが良いようです。

公共交通機関の場合は、JR宇都宮駅・水戸駅・茂木駅からバスかタクシーです。

 

 

ホンダコレクションホール」の地図①

出典:グーグル

 

 

ホンダコレクションホール」の地図②

出典:グーグル

 

 

ホンダコレクションホール」の外観

出典:運輸振興協会

 

 

Honda Collection Hall 紹介動画

出典:YouTube

 

 

スポンサーリンク

 

 

本田宗一郎ものづくり伝承館は?

調べていたら出てきたので、ご紹介しておきます。

本田宗一郎氏の生誕の地 浜松市にある本田宗一郎ものづくり伝承館」です。

この施設の目的は、「人間・本田宗一郎の生き方を顕彰し、次世代の人材育成と地域振興の拠点施設を創造する」ことのようです。

入館料は無料ですので、興味がある方は訪ねてみてはいかがでしょう、、、

 

  • 本田宗一郎ものづくり伝承館」について詳しくはこちら

 

 

出典:本田宗一郎ものづくり伝承館

 

 

※【次へ】ボタンで、YOUは何しに日本へ?・他メーカーの博物館は?・まとめ・おすすめ記事ほかのページへ進みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました