小祝さくら 優勝 ゾーンに入り?レコード【2022リゾートトラストレディス】

女子プロゴルフ

小祝さくら選手が、前週の予選落ちから一転して「2022リゾートトラストレディス」(メイプルポイントゴルフクラブ 山梨県 2022/5/26〜29)で優勝しました。

今シーズン初優勝で、プロ入り通算7勝目をあげました。

優勝賞金は、1800万円を獲得し、ランキングは5位に浮上しました。

そこで気になったので、小祝さくら選手について調べてみました。

みなさんもご一緒に確認していきましょう。

 

 

小祝さくら選手のプロフィールやキャラなどについて詳しくはこちら

 

 

スポンサーリンク

 

 

今シーズン初優勝!

小祝さくら選手は、プロ入り6年目です。

3年目の2019年に初優勝をすると、2020-21シーズンでは5勝をする活躍をしました。

昨年(2021)の8月の「CAT Ladies2021」以来、優勝から遠ざかって約9ヶ月ぶりの優勝となります。

 

その後はあまり調子が上がりませんでしたが、全試合出場しており身体の強さは証明されました。

 

前半戦の活躍もあり2020-21シーズンの賞金ランキングは、同年の稲見萌寧選手、古江彩佳選手についでの3位でした。

4位には今季絶好調の西郷真央選手、さらには勝みなみ選手や原英莉花選手というそうそうメンバーの遥か上をいっています。

 

今シーズン(2022)は、3位タイや5位などと上位に顔を見せてはいました。

ただ最終日に伸び悩むというようなことを繰り返していました。

今回も最終日1アンダーで、伸び悩みましたが、他の選手の追い上げをなんとかかわしての優勝です。

やはり最終日は、カップの位置が厳しいのでしょうか、前日まで調子の良かった上位陣も伸び悩み、救われたような形になりました。

 

さらに気温の上昇も北海道出身の小祝さくら選手には、厳しかったのかもしれません。

 

 

【公式】今シーズン初優勝!小祝さくらハイライト! Round4 リゾートトラストレディス

出典:YouTube

 

 

スポンサーリンク

 

 

賞金は?

「2022リゾートトラストレディス」の賞金総額は、1億円で優勝賞金は1800万円です。

年間獲得賞金を4179万円とし、5位に浮上しました。

1位に西郷真央選手、2位に高橋彩華選手、3位に山下美夢有選手、4位に堀琴音選手です。

1位の西郷真央選手の9936万円は、遥か上ですが2・3・4位の3人は完全に射程圏内です。

私は密かに、夏には2位に上がって、西郷真央選手にプレッシャーを与える存在になるのではないかとにらんでいます。

なぜなら小祝さくら選手は爆発的なスコアを出せる力を秘めているからです。

 

生涯獲得賞金は、4億226万円です。

順位的には、まだまだですが59位に浮上しました。

近々53位の宮里藍選手(日本国内の獲得賞金)を上回ることでしょう。

昨シーズン(2020-21)の賞金女王の稲見萌寧選手は、3億6672万円で68位ですので上回っています。

同年代の勝みなみ選手86位、古江彩香選手99位などの黄金世代の中ではトップをいっています。

 

 

出典:JLPGA

 

 

スポンサーリンク

 

 

ゾーンに入る!?、、、3日目 大会コースレコードタイ

小祝さくら選手は、今シーズンからドライバーショットをできるだけ狙ったところに落とせるように、フェードに転向することに挑んでいました。

新しいコーチについて取り組んだ結果、今週は手応えがあったようです。

ドライバーが狙ったところに落とせるようになれば、コースマネジメントが向上します。

今週の優勝は技術面が安定したことで、つかんだ勝利なのかもしれません。

 

もうひとつ言えることは、精神的にとても安定していたようなのです。

自分を他人のことのように、客観視できているようなのです。

客観視は、「ゾーン」に入るためには、大切な要因です。

 

自分を自分として主観的にものごとを見てしまうと、頭の中が思考でいっぱいになり身体の動きがぎこちなくなってしまいます。

そのうち緊張で手足がスムースに動かなくなって「イップス」になってしまいます。

 

今週の小祝さくら選手の3日目は、大会コースレコードタイの64でした。

内容は、9アンダー、1ボギーの8アンダーです。

バックナインは、9ホール中6つのバーディーを奪っていました。

 

結果的にこの3日目のスコアが優勝に大きく貢献しました。

 

この爆発的なスコアは、小祝さくら選手が「ゾーン」に入ったからだと私は見ています。

 

精神的に落ち着いていて、自分を客観視できていたようなのです。

次第に集中力が高まって、「ゾーン」に入るレベルまで高まっていたのだと思います。

 

ただこれはなかなか意識してできるものではありません。

自分が「ゾーン」に入ろうとすれば、失敗してしまいます。

しかも体力、知力、技術力、精神力が相まっての結果ですので、全てが高いレベルになければなりません。

 

小祝さくら選手には持って生まれた天然キャラがあります。

その天然キャラは「ゾーン」入るのを助けたのではないでしょうか、、、

 

この日は、小祝さくら選手に勝利の女神は微笑んだようですね。

 

 

【公式】コースレコードタイの64をマーク!小祝さくらハイライト!

出典:YouTube

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました